笑い閻魔

QRP湘南みごかハウス
お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

開く

トップ > タウン情報 > 笑い閻魔

タウン情報

2015年03月29日更新

笑い閻魔

建長寺の山門を巨福呂坂に向かうと、すぐ右手、山の
中腹に円応寺があります。
本堂に安置された本尊・閻魔大王には、次のようなお話が
伝えられています。

鎌倉時代の有名な仏師(仏像彫刻家)運慶が閻魔像を 彫っている途中、仮死状態に陥ってしまいました。 そして、死との境を彷徨っている時、閻魔大王に出会い ました。 その時、大王から「わしは怖い顔をしているので、世間では 血も涙もないやつだと言っているが、そうではなく正義の 味方だ。もし娑婆の人々に本当の私の姿を彫り示し、 正しく導くなら、もう一度現世に戻してやろう」とお告げを 受け、奇跡的にこの世に戻ってきました。 運慶は九死に一生を得た喜びから、一気に閻魔の像を 彫りあげました。 その像は、恐ろしい形相の中にも、どこか笑っているようにも 見えるので、「笑い閻魔」といわれるようになりました。 また、生まれた赤ちゃんにこのお寺で名付けてもらうと、 丈夫に育つというところから、「子育て閻魔」とも言われ ています。

過去のタウン情報

スタッフ

お気軽にお問い合わせください。

QRP湘南みごかハウスへのご質問、サービス内容等でご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

お電話でのお問い合わせ
お急ぎの方はお電話でお問い合わせ下さい。

046-854-8805

メールでのお問い合わせ
メールでの下記からお問い合わせ下さい。

メールはこちらから

PAGE TOP