目医者の地蔵

QRP湘南みごかハウス
お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

開く

トップ > タウン情報 > 目医者の地蔵

タウン情報

2015年03月27日更新

目医者の地蔵

大船駅東口から少し歩くと、離山と呼ばれているところがあります。
今はその名の由来はよく判らなくなりましたが、三つの小山が
南北に伸びて、北から腰山、長山、地蔵山といいます。


一番端の地蔵山には、いつの頃からか、石の地蔵様が立っていました。 この地蔵様は山の動物たちに優しく、ある時、目を痛めたカラスが 地蔵様の頭に止まって、目の痛みを治して欲しいと頼みました。 早速、地蔵様はカラスを自分の前に座らせると、なにやらお経を唱えました。 じきにカラスは元気になり、喜んでどこかへ飛んで行きました。 この様子を隣山から見ていた狐が、一族を連れて地蔵様に「検眼診断」を 頼み、やがて行列のできる目医者になりました。 人間界にも霊験あらたかでしたが、人が増え、車が増えて、いつしか 家が建つと、地蔵様は麓に下ろされ、富士山の見えにくくなった場所で、 「富士見地蔵尊」と名乗らされ、今も立っています。

過去のタウン情報

スタッフ

お気軽にお問い合わせください。

QRP湘南みごかハウスへのご質問、サービス内容等でご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

お電話でのお問い合わせ
お急ぎの方はお電話でお問い合わせ下さい。

046-854-8805

メールでのお問い合わせ
メールでの下記からお問い合わせ下さい。

メールはこちらから

PAGE TOP