たぬき和尚

QRP湘南みごかハウス
お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

開く

トップ > タウン情報 > たぬき和尚

タウン情報

2015年02月02日更新

たぬき和尚

今から三百年ほど前、江戸時代のことです。建長寺の山門がかなり壊されてきました。そこで、当時の住職だった万拙和尚は、再建のため托鉢をして費用を集めていました。これを聞いていたのが裏山に棲んでいる狸たちです。この狸は先祖代々、建長寺の和尚にお世話になっているのです。

狸たちは相談の上、化けるのが上手な7匹が万拙和尚になりすまし、托鉢をして回りました。そのため、お金やお米がたくさん集まりました。
 
いよいよ工事が始まりましたが、この年は日本中が大飢饉に見舞われました。しかし、狸たちのおかげで万拙和尚は人々におかゆを振る舞ったので、大勢の人が山門に集まり、人々は心を籠めて山門の地固めをしました。そのため、土台がしっかりでき、どんな風や地震にも負けない大きな山門が建ちました。
 
この山門は、大正十二年の関東大震災にのビクともしなかったということです。

過去のタウン情報

スタッフ

お気軽にお問い合わせください。

QRP湘南みごかハウスへのご質問、サービス内容等でご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

お電話でのお問い合わせ
お急ぎの方はお電話でお問い合わせ下さい。

046-854-8805

メールでのお問い合わせ
メールでの下記からお問い合わせ下さい。

メールはこちらから

PAGE TOP