木造の耐震補強 葉山N邸

QRP湘南みごかハウス
お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

開く

トップ > こだわり > 木造の耐震補強 葉山N邸

こだわり

2015年02月21日更新

木造の耐震補強 葉山N邸

葉山に建つ古い土壁造りの二階建ての住宅の耐震補強です。 この建物は新築時は平屋、その後何回かリフォームして二階建てになっていました。 昔の間取りで南側に大きな開口部と間仕切りの襖を外すと、大きな二間続きの空間が演出出来ます。 ほとんど壁の無い造りです。

今回、この建物を購入されたお客様が入居前にフルリフォームする事になりました。そこで耐震補強を提案しました。耐震補強を計算する時に土壁はカウント「0」です。この建物は、カウント出来る壁がほとんどない建物でした。強度は上げたいが、大きな開口(窓)と大きな空間は残したい。

そこで提案したのが、建物中心部に鉄骨の柱を2本立てその鉄骨柱を鉄骨の梁で結びます。この鉄骨の梁に既存の木製梁をきんけつ。強度の強い背骨を入れた形になります。 これで二階の重さで一階がつぶれる事はありません。 2本の柱の1本はクローゼットの中。もう1本は袖壁の中。鉄骨梁は天井の中と室内から見えません。

阪神淡路大震災では多くの住宅での死傷者が出ましたが、約9割の方が二階建て住宅で一階が二階の重さで押しつぶされた事による圧死でした。

今回は建物が少々壊れても、この一階がつぶされない事に重点を置きました。

匠のこだわりリスト

スタッフ

お気軽にお問い合わせください。

QRP湘南みごかハウスへのご質問、サービス内容等でご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

お電話でのお問い合わせ
お急ぎの方はお電話でお問い合わせ下さい。

046-854-8805

メールでのお問い合わせ
メールでの下記からお問い合わせ下さい。

メールはこちらから

PAGE TOP